交通事故でケガをした被害者は、加害者側の保険会社との話し合いを弁護士に依頼する方が、ご自身で加害者側の保険会社と交渉をするよりも、被害者の手元に入る金額が大きくなることがほとんどです。

相続では、相続人で話し合いがつかず、もめてしまうことがあります。

遺言書作成をしておいた方が、相続人が亡くなったあとのトラブルを防止できることが多いです。